PW安全協会
PWC HOW TO ボート免許 ゲレンデ情報 会員一覧 PWC FAQ FRP廃船リサイクルシステム 改造と検査
What's new
パーソナルウォータークラフト(水上オートバイ)専用「PWSA会員向けの保険制度」を施行
 パーソナルウォータークラフト安全協会(以下PWSA/本部:静岡県浜名郡/会長:笹川壮一)は、民間損害保険会社と連携を図り、パーソナルウォータークラフト(水上オートバイ、以下PWC)専用の「PWSA会員向け保険制度」を導入し、2007年4月1日より施行いたします。
 当協会は、1990年の設立以来、パーソナルウォータークラフト(以下PWC)の安全確保とマナー向上を目的として、安全パトロール等の各種安全啓発活動や安全なゲレンデ確保の為の利用環境整備を推進してまいりました。
 しかし、近年PWCによる事故が増加傾向にある一方、保険制度の普及・浸透は不十分で、全国のPWC保有台数約85,000艇に対し、普及率は極めて低い状況であり、重大事故発生時の事故被害者の損害賠償問題でトラブルも発生しています。
 このような状況の中、事故被害者の救済を図り、損害賠償保険を普及させるため、PWSA特別会員である国内販売メーカー(株式会社カワサキモータースジャパン、BRPジャパン株式会社、ヤマハ発動機株式会社)と民間損害保険会社との連携を図り、PWSAの会員(特別賛助会員)を対象とした新たな保険制度「PWSA対人賠償責任保険制度」を導入します。
 新たな保険制度では、PWSA特別会員である国内販売メーカーが取り扱う2007年モデル以降の新艇購入者に対し、PWSA会員に限定して、国内販売メーカーが保険料とPWSAの年会費を負担する仕組みとなっています。さらに、新艇購入2年目以降は、任意でPWSAに加入(特別賛助会員/年会費1,000円)し、保険料、会費を納入することで、「PWSA対人賠償責任団体保険」に加入することができます。「PWSA対人賠償責任団体保険」は団体保険を適用するため、従来に比較して低額の保険料で、賠償責任保険に加入することができます。

本件に関するお問い合わせは
パーソナルウォータークラフト安全協会本部事務局
〒 673-8666 兵庫県明石市川崎町1番1号 (株) カワサキモータースジャパン内 
TEL:078-920-1091 FAX:078-928-4418 担当:神足朝吉(コウタリ)


「PWSA会員向け保険制度」 の概要

  PWSA対人賠償責任保険(正式名称:ヨットモーターボート総合保険・商品付帯契約)
  1. 補償の対象となる方(記名被保険者)
    下記三項を満たす方が補償の対象となる。
    • PW安全協会会員(特別賛助会員)の方
    • PW安全協会会員メーカー3社の指定する2007年モデル新艇を購入された方
    • 新艇に同梱された「 PWSA入会申込書 兼 対人賠償責任保険加入者情報連絡票」をご提出された方
  2. 補償の内容
    対人賠償:補償限度額 1事故あたり 3,000万円
    自己負担額 1事故あたり 10万円
    ※本保険は対人賠償の補償のみであり、対物賠償、船体の補償および搭乗者傷害等の補償はない。
  3. 保険責任の期
    JCI新規登録日から1年間
    例) JCI新規登録日が平成19年 2月1日の場合、平成19年2月1日午前0時〜平成20年 2月1日午前0時
  4. 加入手続き方法
    国内販売会社 3メーカーの2007年度モデル新艇に同梱された「PWSA入会申込書兼 対人賠償責任保険加入者情報連絡票」(ハガキ)に必要事項を記入してPW安全協会本部事務局、またはメーカー、販売会社の担当部署に送付する。加入手続きを事務局で行い、後日保険加入者証を事務局から購入者に送付する。
  5. 保険料
    国内販売会社 3メーカーが保険料を負担するため、購入者による保険料負担はなし。本保険の補償の対象(記名被保険者)となるためにはPW安全協会の会員(特別賛助会員)でなければならないが、2007年モデル新艇購入者の年会費(\1,000円)についても、メーカー3社が負担する。従って購入者が要する費用はなし。
  PWSA対人賠償責任団体保険(正式名称:ヨットモーターボート総合保険・団体契約)
  1. 補償の対象となる方(記名被保険者)
    下記二項を満たす方が補償の対象(記名被保険者)となる。
    • PW安全協会会員の方(特別賛助会員)
    • PWC(水上オートバイ)を所有・使用する方
  2. 補償の内容
    対人賠償 補償限度額 1事故あたり 3,000万円
    自己負担額 1事故あたり 10万円
    ※本保険は対人賠償の補償のみであり、対物賠償、船体の補償および搭乗者傷害等の補償はない。
  3. 保険責任の期間
    平成 19年3月1日〜平成20年3月1日
    ※保険期間の途中で本保険に加入することも可能であるが、保険終期は翌 3月1日となる。継続する場合は所定手続きが必要となる。
    ※初年度については 4月1日〜翌年3月1日(11ヶ月)が保険期間となる。2年度目以降は3月1日から1年間となる。
  4. 加入手続き方法
    「 PWSA対人賠償責任団体保険」案内パンフレット内の加入依頼書(払込取扱票)に必要事項を記入・捺印の上、保険料とPWSA会員(特別賛助会員)の年会費(1,000円)合計額をPW安全協会事務局に払い込む。
  5. 保険料( 1艇あたり)
    一人乗り 21,000円
    二人乗り以上  24,000円
    ※中途加入の場合の保険料は「 PWSA対人賠償責任団体保険」案内パンフレットに明示する。

「PWSA会員向けの保険制度」の詳細については、今後、当協会サイトにおいて 順次掲載いたします。

過去の記事 PW安全協会TOP
Copyright(C) PWSA All rights reserved.