PW安全協会
PWC HOW TO ボート免許 ゲレンデ情報 会員一覧 PWC FAQ FRP廃船リサイクルシステム 改造と検査
過去の記事
PWSAの安全啓発への取り組みが新聞に取り上げられました。
 PWSA(パーソナルウォータークラフト安全協会)では、健全なPWCスポーツの普及・発展を目的に様々な施策を実施しています。2004年7月に発生した事故をきっかけに九州福岡支部が行なった活動が新聞に取り上げられました。以下に掲載された内容をご紹介いたします。(毎日新聞 2004年7月27日 西部夕刊より)

『汚名返上』水上オートバイ 愛好者ら海保と協力
毎日新聞 2004年7月27日 西部夕刊

 マリンレジャーの「水上オートバイ」は海を自在に駆け回る楽しさと、遊ぶ場所を選ばない手軽さが人気だ。だが、「海水浴客の間近で水しぶきを上げて遊んで危険」などの悪評も後を絶たない。11日に福岡市の百道浜で起きた遊泳客との接触事故を機に、「汚名返上を」と愛好者や海保がマナー確立に動き始めた。
 事故は、7月11日、福岡市早良区百道浜で起きた。午後5時半ごろ、泳いでいた中学生3人に、筑紫野市の会社員(43)が水上オートバイの水しぶきをかけて遊んでいたところぶつかった。「飲酒運転」だった。中学生は背中や頭などにけがをしただけだったが、福岡海上保安部の職員は「けが人の一人は一時意識を失っていた。死者が出てもおかしくなかった」と言う。
 25日、接触事故が起きた百道浜周辺で利用する水上オートバイ愛好家を集めた緊急集会が開かれた。主催は水上オートバイ販売店で作るPW安全協会福岡支部。約40人を前に竹田聖也支部長(44)は厳しい口調で話した。「『悪貨が良貨を駆逐している』のが、水上バイクの現状。協会は『悪貨』を徹底的に駆逐します」会場は静まりかえり、同席した福岡海上保安部の職員も「そこまで厳しく言うのか」と驚いた。竹田会長は厳しい言葉の訳を「一部の人のせいで愛好者全体が悪く見られるのがつらい」と言う。
 同海保は今夏、飲酒や危険行為などの違法操縦取り締まりを、県警と協力して強化した。「現場に着いても陸に逃げ込まれるケースが多かった」との反省から「海と陸のはさみうちで、悪質な利用者は必ず検挙する」との方針だ。26日現在、同海保に寄せられたマリンレジャー関連の苦情は19件。うち17件が水上オートバイへの苦情だった。「指導を厳しくした所からいなくなり、別の場所から苦情が来ている」と同海保は言う。
 マナー向上は全国的な課題だ。福岡でもショップによっては、講習を受けて操縦時のルールを学んだ上でレンタルするなど、以前からマナー確立を重視していた。ただ最近は個人売買も多く、徹底が難しいのが悩みだ。
 「愛好者が楽しめる環境をつくるためには、まず海水浴客とのすみ分けをする必要がある。行政の協力も必要だ」と竹田支部長。「海にはいろいろな楽しみ方がある。互いに気遣うことが大事だと思う」【安達一成】

過去の記事 PW安全協会TOP
Copyright(C) PWSA All rights reserved.