PW安全協会
PWC HOW TO ボート免許 ゲレンデ情報 会員一覧 PWC FAQ FRP廃船リサイクルシステム 改造と検査
過去の記事
PW安全協会とPWC愛好者が協力しレガッタ大会の水上監視活動実施
PWCによる第60回朝日レガッタ水上監視活動
昭和23年の第1回大会から数え今年で60回目の開催となり、日本有数のレガッタの大会と言われる『朝日レガッタ』。この60回記念大会の水上安全確保活動を、PW安全協会の会員会社と、PWC愛好者が4日間行いました。招待選手・招待クルーを含め、535クルー、1500名近い競技参加者が、安心して競技ができるよう、早朝から競技終了まで水上監視活動を実施しました。

日時 平成19年5月3日(木)〜6日(日)
場所 滋賀県立琵琶湖漕艇場
主催 関西ボート連盟、滋賀県、大津市、滋賀県教育委員会
大津市教育委員会、朝日新聞社
後援 滋賀県体育協会、大津市体育協会、朝日放送、
日刊スポーツ新聞社、日本ボート協会
主管 滋賀県ボート協会
協力 PW安全協会関西地方本部、琵琶湖支部、大阪支部、
NPO琵琶湖ジェットスポーツクラブ
活動内容

1.以外のPWC、プレジャーボートなどが競技コースに近寄らないよう監視と、近づいた船への注意活動。
2.競技者、競技艇などにトラブルがないかの監視活動。
3.大会本部からの指示に基ずく活動。

事前に大津水上警察とも連携を取り、毎日3回、競技水域に監視に来て頂きました。
ボート協会の皆様には、過去より、世界ボート選手権、高校総体などPWCを使用した水上活動により、PWCの機動性が高く評価されています。このような他の水域利用者との交流を深め、PWCの優れた面を理解して頂くことにより、PWC認知度向上に向けた活動を今後も継続していく予定です。


大津水上警察と連携とりながら監視活動
4日間の開催を支えるPWCによる監視活動

日程
天候
レース水域への他船進入への注意
その他大会期間中の活動内容
PWC
バス
ボート
プレジャー
ボート
5/3(木)
晴れ
一時雷雨
0
3
2
1
※雷発生時に水上待機していた競技艇の避難誘導活動。
5/4(金)
晴れ
一時強風
0
4
0
0
※大会警備艇による水没した競技艇の救助作業時の応援活動。
※強風時に水上待機していた競技艇の避難誘導活動。
5/5(土
晴れ
0
0
0
0
※大会警備艇による転覆した競技艇の救助作業時の応援活動。
※回漕レーン内で競技艇同士接触事故発生時の周辺水域の安全確保活動。
5/6(日)
0
0
0
0
※ゴール付近で水草にからまった競技艇の脱出活動。

参加スタッフ
 
5/3(木)
5/4(金)
5/5(土)
5/6(日)
役割
名前
所属
現場責任者
土居 武志
PWSA関西地方本部
現場責任者
土居 武志
PWSA関西地方本部
現場責任者
土居 武志
PWSA関西地方本部
現場責任者
土居 武志
PWSA関西地方本部
役割
名前
所属
オフィシャル1
太田 潤宏
琵琶湖ジェットスポーツクラブ
オフィシャル1
太田 潤宏
琵琶湖ジェットスポーツクラブ
オフィシャル1
太田 潤宏
琵琶湖ジェットスポーツクラブ
オフィシャル1
太田 潤宏
琵琶湖ジェットスポーツクラブ
役割
名前
所属
オフィシャル2
村上 育士郎
琵琶湖ジェットスポーツクラブ
オフィシャル2
白崎 喜良和
琵琶湖ジェットスポーツクラブ
オフィシャル2
玉田 淳
元JJSFライダー
オフィシャル2
俣野 茂晴
(株)ジェイオービー
役割
名前
所属
オフィシャル3
寺井 充
琵琶湖ジェットスポーツクラブ
オフィシャル3
生村 和子
琵琶湖ジェットスポーツクラブ
オフィシャル3
松本 孝義
(有)シーゼットカンパニー
オフィシャル3
小川 弘樹
琵琶湖ジェットスポーツクラブ
役割
名前
所属
   
オフィシャル4
内田 孝明
琵琶湖ジェットスポーツクラブ
オフィシャル4
田中 昭博
琵琶湖ジェットスポーツクラブ

過去の記事 PW安全協会TOP
Copyright(C) PWSA All rights reserved.
PW安全協会入会申込書ダウンロード