PW安全協会
PWC HOW TO ボート免許 ゲレンデ情報 会員一覧 PWC FAQ FRP廃船リサイクルシステム 改造と検査
過去の記事
水上オートバイなど琵琶湖でのレジャーのあり方を考える「琵琶湖適正利用懇話会」では、このほど「琵琶湖におけるレジャー利用のあり方」に関する提言書をまとめましたが、その内容についてのお問い合せがメーカーや販売店に寄せられました。ぜひ正しい理解のもと、ルールやマナーを守りながら琵琶湖での水上オートバイをお楽しみください。
琵琶湖における水上オートバイの乗り入れについて、規制が具体的に決まったのかとのお問い合せをユーザーの皆様から多数いただいていますが、ユーザーの皆さまが今お持ちの水上オートバイ、これからお買い求められる水上オートバイの規制については検討中の段階であり、現在は何も決まっていない状況です。(平成14年4月現在)仮に、将来的に何らかの規制が出来た場合でも、ユーザーの皆様にとって不利益が発生することがないよう、業界としてなお一層の取り組みを図っていきます。
琵琶湖を利用するにあたっては、ルールとマナーの遵守がすべての基本になります。ルール・マナーが守られない状態が続けば、琵琶湖の利用ができなくなる可能性もあります。利用者相互の連携によって琵琶湖の健全な利用をめざしましょう。
※琵琶湖で水上オートバイに乗る際には安全講習の受講が義務づけられています。
水上オートバイの水質への影響について、舟艇工業会では実際の水上オートバイの走行エリアにおいて水質調査を実施し、水質影響のレベルは国の定める環境基準、EPA、WHO等の基準値を大幅にクリアしていることが判明しています。なお、舟艇工業会では、マリンエンジンの排出ガスに関して2006年までに段階的に75%の削減を達成する自主規制を制定し、現在、2003年の目標値を上回る成果を得ていますが、今後もなおいっそうの環境負荷低減に取り組んでいきます。
いつまでも琵琶湖を遊び場として残していくために
日本最大の淡水湖・琵琶湖は世界有数の古い湖で、素晴らしい自然に恵まれ、地史学や生物学上、また生活の場としても貴重な湖であり、多くの人々から愛されています。いつまでも琵琶湖で水上オートバイを楽しむためにも利用者としてのルールとマナーを守りましょう。
読売新聞掲載広告内容>>>
別ウィンドウでご覧いただけます。

過去の記事 PW安全協会TOP
Copyright(C) PWSA All rights reserved.