PW安全協会
PWC HOW TO ボート免許 ゲレンデ情報 会員一覧 PWC FAQ FRP廃船リサイクルシステム PWSA対人賠償責任団体保険
PWC FAQ
Q1. PWCの航行区域について教えてください。
Q2. 全国の主なゲレンデを教えてください。
Q3. 琵琶湖では乗れない機種があるのですか?
Q4. ウエイクボードを楽しみたいのですが、どんなタイプのPWCを購入するのが良いですか?
Q5. レースに出るためには、何か特別な資格が必要なのですか?
Q6. 保管場所というのはどんなところにあるのですか。又、いくら位するものなのですか?
Q7. 免許制度が変更されると聞きましたが、どのように変わるのでしょうか?
Q8. 古くなったPWCを廃棄処分したいのですが、どのようにすれば良いのでしょうか?
Q9. PWCの保険について教えてください。
レースに出るためには、何か特別な資格が必要なのですか?
販売店、メーカーが主催するレースには特別な資格は必要ありません。但し、競技団体(JJSBA、JJSF)等の主催レースは、入会手続きが必要であり、技量審査に合格しなければレースには参加出来ません。レースに参加する場合は、自分の技量を充分わきまえて、技量に応じた走行を心掛けましょう。
▲TOP
保管場所というのはどんなところにあるのですか。又、いくら位するものなのですか?
一般的にゲレンデに隣接している販売店等は、PWCの保管をしているところが多い様です。保管料については、立地条件、設備等により異なりますので詳しい内容は取扱販売店で確認下さい。
▲TOP
免許制度が変更されると聞きましたが、どのように変わるのでしょうか?
法律が平成15年6月1日に船舶職員及び小型船舶操縦者法に改正され、免許制度が新しくなりました。
この法改正で、免許区分が距岸5海里を境にして一級と二級に大別されたほか、PWC専用の特殊小型船舶操縦士免許が新設されました。今回の免許制度の改正によってPWCに乗る為に免許を取得する場合は、モーターボートではなく実際にPWCの実技・学科を受けることになり、従来に比べてより免許の有効性が高まるものと思われます。改正後に1級、2級等の免許を取得した場合、PWCの操縦資格は含まれない為、別にPWC免許を取得する必要があります。また、新制度では、安全に関する責務が法律に明示されました。内容は次の通りです。
*危険操縦、酒酔い操縦の禁止
*救命胴衣の着用義務付け
*有資格者による自己操縦の義務付け・・・・等
新しいボート免許制度について
▲TOP
古くなったPWCを廃棄処分したいのですが、どのようにすれば良いのでしょうか?
先ず廃棄処分前に、JCI(日本小型船舶検査機構)にて廃船手続きを行って下さい。FRP廃船リサイクルシステムが実施されています。廃棄処分前に販売店にご相談ください。
≫こちらをご参照ください。
▲TOP
PWCの保険について教えてください。
PW安全協会では会員(特別賛助会員)向けにPWC専用の「PWSA対人賠償責任団体保険」を斡旋しております。
≫団体保険詳細についてはこちら
▲TOP
<<BACK

PW安全協会TOP
Copyright(C) PWSA All rights reserved.