PW安全協会
PWC HOW TO ボート免許 ゲレンデ情報 会員一覧 PWC FAQ FRP廃船リサイクルシステム PWSA対人賠償責任団体保険
ゲレンデ情報
北海道地方 東北地方 関東地方 中部地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州地方
関東地方 ※ここに載っているゲレンデ情報は一部です。
 その他のゲレンデや、もっと詳しくお知りになりたい方は、お近くの販売店に直接お問い合せ下さい。
 茅ヶ崎
 相模湾に面する茅ヶ崎市では、昔から漁業者が海を生活の場として利用しており、資源の保存に努めています。
 しかし、近年様々なマリンスポーツを楽しむ人が訪れ、特に最近では水上オートバイによる高速航行や騒音等が、事故の発生や漁業の妨害、周辺住民への悪影響等の問題へとつながることが心配されています。
 このため、以前までの「湘南 海のルールブックV〜茅ヶ崎地区〜」を改正し、特に漁業と水上オートバイとが、ともに安全に共存していくためのルールをまとめました。
 水上オートバイ利用者をはじめ海・浜を利用するみなさん、ぜひこのルールを尊重し、快適で安全な茅ヶ崎の海をつくりましょう。
しない【DON'T】
事故防止のため、水上オートバイの走行はやめましょう。 相模川河口航路周辺での遊走は、船舶航行の妨げとなり、大変危険ですからやめましょう。
徐行エリア内での高速走行はやめめましょう。(5ノット=時速10km以下) あわびやさざえ等の貝類や海藻類をとってはいけません。

他の人の設置したブイ、マークや漁業用ブイ、旗を回らないようにしましょう。

深夜から早朝にかけての打ち上げ花火・音の出る花火はやめましょう。
切れた糸・針・錘は放置せず、必ず回収して帰りましょう。 一般車両やオートバイの海辺への乗り入れはやめましょう。
漁港やヘッドランドでの投げ釣りはやめましょう。

イメージ図
クリックすると拡大表示します
 横須賀『長井』
 横須賀市の西側に位置する長井は相模湾に面しており、その他先沿岸は地形に恵まれ、古くから定置網漁業、刺し網漁業、覗突漁業、潜水漁業、わかめや海苔などの養殖漁業などのほか、様々な漁業が行われています。
 また、和田・長浜海岸は海亀が産卵に訪れるなど自然が多く残され、夏季には海水浴場にもなっています。
 水上オートバイをはじめとする海洋レジャーを楽しむ方々に対し、漁業者や周辺住民・施設、海・浜の利用者とともに安全に共存していくためのポイントやノウハウを整理したものです。ぜひ、このルールを守り、安全で快適な思いやりのある海・浜の利用をお願い致します。
【国際信号旗】
NC旗
私は遭難している。直ちに援助がほしい。
A旗
私は潜水夫をおろしている。微速で十分避けよ。
     
【届・連絡】
水難事後が発生した場合の連絡先
第3管区海上保安本部
045-211-0773
横須賀海上保安部
0468-61-4999
海の「もしも」は118
横須賀市消防局119
横須賀警察署
0468-22-0110
海上レース等を行うときは届出をしてください。
横須賀海上保安部
0468-62-0118
漁業権の漁場区域にかかるイベント・レース等を行うときは漁業共同組合に事前に連絡してください。
長井町漁業協同組合
0468-56-2556
浜を利用するイベント等は届出をしてください。
神奈川県横須賀土木事務所
0468-53-8800

イメージ図
クリックすると拡大表示します
 館山
館山市は31.5キロの長い海岸線を有しており,夏季には海水浴場として地域内外より多くの海水浴客が訪れています。また,年間を通したマリンスポーツのメッカとして,さらには,“サンゴの北限域”ともいわれる美しい海中の世界を持つ『海のまち』です。
一方で,館山市は沿岸漁業を中心とした漁業が盛んで,種苗放流や,魚礁等による漁場の整備なども行われています。
そのような状況の中で,漁業者とマリンレジャー愛好者,近隣住民,海水浴客,海の家事業者など,幅広い層に海・浜が利用されることにより,利用者間や利用マナーにおいて問題や事故が発生する可能性も秘めています。
館山における海・浜を利用する誰もが,「安全」かつ「安心」して楽しんでいただけるよう,関係団体等で構成する“館山海・浜のルールづくり検討委員会”が作成した『館山 海・浜のルールブック〔鏡ヶ浦エリア〕』のルール遵守についてご理解・ご協力をよろしくお願いします。



<<BACK NEXT>>

ローカルルールTOP PW安全協会TOP
Copyright(C) PWSA All rights reserved.