PW安全協会
PWC HOW TO ボート免許 ゲレンデ情報 会員一覧 PWC FAQ FRP廃船リサイクルシステム 改造と検査
PWC HOW TO
発航前の点検 乗艇方法 これだけは知っておこう 日常メンテナンス リカバー方法 PWC構造・機能
3.これだけは知っておこう ジェットの基本性能を正しく理解する
■ 舵効きについて
水上オートバイは、勢いよく水を噴射することで推進し、方向転換はジェットノズルの噴射する向きを変えて行います。
水上オートバイを旋回させたり、障害物を避けたりするためには推力が必要です。エンジンが停止すると水上オートバイの進路変更ができなくなり事故を起こす可能性があります。
障害物を避けたり、進路変更するためには、エンジンを停止しないで、スロットルレバーを操作し推力を確保しましょう。
アイドリング状態であれば推進力はそれほど大きくないので、いわゆる「行き足」程度で航行することはできます。しかしながら、エンジンを暖気運転のため始動させて、係留ロープをしっかり結ばない状態でマシンから離れたりすると、帰ってみたらマシンがどこかに走って行っていた、となる可能性があるので、こういうことにならないように注意しましょう。
■ その場回転
水上オートバイは船底に突起物がないため、行き足のない状態からハンドルをどちらか一方に切ると(アイドリング又は低速状態)船尾が横スベリをするような形で「その場回頭」を行うことができます。
■ 自動排水機能
ほとんど全てのモデルに取り付けられている機能で、簡単に図解すると、左のイラストのようになっています。
水上オートバイでは「転覆」という状況に遭遇する可能性が常に考えられ、また波のあるところを走行している時には波をかぶって船内にどうしてもビルジが溜まってしまうことも考えられます。このため、水上オートバイには「ビルジポンプ」のように船外に水を排出するためのパイプ(といってもモーターが付いているわけではなく、簡単にいうとタダのパイプ)が取り付けられています。
水上オートバイでは、エンジンルームの最下部にビルジ吸い込み口が設置されていて、それにパイプがつながっております。このパイプの端はジェットパイプの一部に出ています。
ジェットパイプ内は走行中勢いよく水が流れており、ベルヌーイの定理(流れの速いところは圧力が低くなる)によってパイプの出ている部分の圧力は低い状態となります。このため、ビルジは「吸い出される」ような形となり、噴射水と一緒に排出される、という仕組みになっています。連続して転覆をした場合などでも、高速でしばらく走行すると、この自動排水機能のお陰で船内のビルジを抜くことができます。
■ 不沈構造
すべての水上オートバイは、船内に目一杯水が入っても絶対に沈まないように作られています。船内各部には浮力体(発泡ウレタンなど)が詰められており、水没してしまうことがありません。
ただし、転覆したままにしておくとエンジン内に水が入って再始動できなくなる恐れがあるので、できるだけ速やかに復原しましょう。
PWC HOW TO TOP PW安全協会TOP
Copyright(C) PWSA All rights reserved.