PW安全協会
PWC HOW TO ボート免許 ゲレンデ情報 会員一覧 PWC FAQ FRP廃船リサイクルシステム 改造と検査
PWC HOW TO
発航前の点検 乗艇方法 これだけは知っておこう 日常メンテナンス リカバー方法 PWC構造・機能
4.日常メンテナンス ゲレンデから戻ったら必ず実施日常の保守・点検
■ 防錆処理
マシンの各部には様々な金属部品が使用されています。
金属部分は水洗いだけでは不充分で、グリースや防錆潤滑剤などで防錆処理を行っておいたものと、そうでないものでは傷みの進み具合で随分と差がつきます。
防錆処理を行うべき箇所は、一言で言えば「金属が使われているところ全て」です。
取扱説明書に従って、防錆処理をおこないましょう。
■ その他のメンテナンス
↓
↓
バッテリはターミナルを外し、充電しておきます。また、消耗部品は定期的に交換するなど、トラブルを未然に防ぐための努力を日頃から怠らないことが肝心です。まだ正常に作動しているのに、いかに消耗部品とはいえ交換するというのは結構勇気が要る行為です。しかし、「まだ使える」がエンジントラブルの原因になってしまったり、最悪の場合には大事故につながることも考えられます。日頃からメンテナンスをキッチリと行っている人は、少しの変化でも見落とさずに、早め早めの対策がとれるようになります。マシンが自分の体の一部に感じられるようになるまで、大切に使ってあげてほしいものです。
シーズンの最後に使用した後には、次回の使用までの間隔が長期間空いてしまうため、日頃のメンテナンスに加え、スパークプラグを外してシリンダー内に浸透性防止錆剤をスプレーしておくことも必要です。
取扱説明書に従って、保管のためのメンテナンスをおこないましょう。
<<BACK
PWC HOW TO TOP PW安全協会TOP
Copyright(C) PWSA All rights reserved.