PW安全協会
PWC HOW TO ボート免許 ゲレンデ情報 会員一覧 PWC FAQ FRP廃船リサイクルシステム 改造と検査
PWC HOW TO
発航前の点検 乗艇方法 これだけは知っておこう 日常メンテナンス リカバー方法 PWC構造・機能
6.PWC構造・機能 PWCの基本構造を理解する

■ 推進のメカニズム

PWCの「ジェット推進機構」とは、船底にある吸水口から吸い込んだ水を「インペラ」と呼ばれるプロペラで加速し、ガイドベーンで吹き出す水流を真直ぐな流れとして船尾から勢いよく吹き出して推進するものです。進行方向を変える場合には、ハンドルを切って、ステアリングノズルの向きを左右に変化させ、噴射する水の向きを変えます。方向を変えるためには、スロットルレバーを操作して、推力を確保することが必要です。
■ 後進のメカニズム
後進する時には、ステアリングノズルの後ろにリバースゲートが降りてきます。この結果、ゲートに噴射水がぶつかり、前方方向に水が流れます。船外機や船内外機のプロペラのように、回転方向自体を変えて前・後進するわけではありませんので、後進時は、舵のコントロールはほとんど効かないと考えておいた方が無難です。高速前進中に無理に後進に入れようとすると制動力が過大となり乗船者が前方に投げ出されたり、PWCが安定を失い転倒し大きな事故に至ることがあります。またリバースゲートも破損してしまいます。
■ エンジンストップ機構
エンジンを止めるためには2つの方法があります。ひとつはエンジンストップボタンを押す方法。もう一つは緊急エンジン停止用のコードを引き抜く方法です。緊急エンジン停止用のコードを身体の一部に取り付けておけば、操船者が転倒したり落水した場合にコードが抜けて、自動的にエンジンが停止できるようになっています。
■ スタート制御機構
一部のPWCでは、イモビライザー付の専用キーを入れないとエンジンが始動できない機構が取り付けられています。
PWC HOW TO TOP PW安全協会TOP
Copyright(C) PWSA All rights reserved.